CRF豊胸の値段を知ってびっくり

友達が痩せていて巨乳の場合には、もはや勝ち目はありません

友達が痩せていて巨乳の場合には、もはや勝ち目はありません / 劣等感を感じてから10年ぐらい経過してようやく、豊胸手術をした / 結論的に言えば、やってみて良かった

人間に生まれた以上は、誰もがコンプレックスを持っていると言われています。
まわりから気づかれない事でも、その人が密かに持っているコンプレックスは少なくないはずです。
このように考えれば、1つ位には自分にもコンプレックスがあってもおかしくないはずです。
自分自身のことを振り返ると、大きなコンプレックスはありませんでしたが小さなものがいくつかありました。
そのうちの1つが、胸の大きさになります。
胸の大きさは、平均的な人に比べると小さく、かといってまな板と言われるほどではありませんでした。
これが恋愛や結婚にどのように影響を与えるかと言えば、あまり関係ないようにも感じます。
しかし、友達に巨乳の人がいると自分が劣っているように感じてしまうものです。
しかもその友達が痩せていて巨乳の場合には、もはや勝ち目はありません。
このとき初めて劣等感を感じるにいたりました。
劣等感を感じたとしても、しばらく経過すると忘れることもありますが、胸の大きさだけはなかなか忘れませんでした。