CRF豊胸の値段を知ってびっくり

劣等感を感じてから10年ぐらい経過してようやく、豊胸手術をした

だからといって、すぐに豊胸手術をしようと考えたわけではありません。
自分には劣等感があると感じてから10年ぐらい経過してようやく、豊胸手術をすることになったわけです。
最初は全く抵抗がなかったわけではないです。
やはり、自分の身体を傷つけるためわざわざやらなくても良いことならばやらないに越した事はないでしょう。
しかし、ある程度お金ができたことや少しでも悩みを解決しようと考え前向きに恋愛をしたいと考えたことから、豊胸手術をするにいたりました。
一昔前は、自分の体脂肪等を注入するケースが多かったです。
この場合の問題点は、しこりができてしまう事のようです。
自分の体脂肪を入れることにより、同じ細胞のものが入ってくるためそこで何か大きな問題が生じるわけではありませんが、授乳の仕方が不自然な場合だとしこりができてしまい後後再び手術をし直さなければいけないケースもあります。
一方で、ヒアルロン酸の注射もあるわけですが、この方法は料金が高いため自分自身では考えていませんでした。
さらに調べていくと、CRF豊胸と呼ばれるものがあることに気がつきます。
どのようなものかと言えば、自分の体脂肪を胸に入れることには違いありません。

10代から美容整形を繰り返してきました。
二重整形(埋没、後に切開)にはじまり、鼻フル整形、コンデンスリッチ豊胸、目の下のクマ取りで脂肪再配置。

このルフォーI型骨切り術で口ゴボ治してラストにしたい。
#ルフォー

— ルフォー💀失敗写真300人分 (@tn6ghsgyd239c) January 11, 2022

友達が痩せていて巨乳の場合には、もはや勝ち目はありません / 劣等感を感じてから10年ぐらい経過してようやく、豊胸手術をした / 結論的に言えば、やってみて良かった

CRF豊胸の値段コンデンスリッチ豊胸